« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

ケンとメリーのスカイライン

というキャッチフレーズで登場した、

ケンメリスカイライン。

その最高峰モデル、GT-Rは、

折りしも当時の排ガス規制により、

わずか190台あまりで生産終了、

文字通り「幻のGT-R」となった。

 

それから時期GT-R(R32)が登場するまで、

実に11年の歳月が流れることになる。

 

ちょっと日産ネタ入れてみました。

みなさん、どうも久しぶりです。

Mixture聴いてるかぁ~?

ヘヴィでいいですなあ、あのアルバム。

Brotherhoodとか、ELEVENなんかも

ヘヴィで好きですわ、俺。

 

さて、そういえば!

って、思い出す感じで振り返りますが、

ロト6、全然当たりませんでしたーーー。

はっはっはーー。

2個までは当たるんだよなー、

難しいね、ロト6。でも面白い。

この次は当てます、2億円。

 

もし毛皮のコートなんか着て、

派手なグラサンして、

ZかRにでも乗ってたら、

2億当たったなと思ってください。

 

お、今思った。

「Z」、「R」、

アルファベット1文字で表す車って、

日産にしかない?

日産にしかないのに2台もある?

おお~、なんかイイね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

発病…

いきなりですが、

北里大学病院のA先生著書、

「腰痛・肩こりの科学」によれば、

腰痛は風邪についで2番目に多く人間が

かかる病気だと言う。

ハロルド作石氏によれば、

椎間板ヘルニアから復帰できた

格闘家はいないと聞く。

 

さて、歯周病。

歯周病と書いたが、歯に関わる全ての病気と

思っていただきたい。

北里大学病院のA先生著書、

「腰痛・肩こりの科学」によれば、

人間がかかる病気の第一位は風邪だと言うが、

某歯科医によれば、人間がかかる病気の第一位は

歯周病だと言う、さらにその多さはギネス物だと言う。

確かに、一度も歯医者のお世話にならないという人は、

まずいないような気がする。

大変な病気だ。

 

そんな腰痛、歯周病なみに脅威的で驚異的な病気、

どうやらオレはそれにかかってしまったようだ。

なんだと思います?

症状は、

鼻がムズムズ、

時々重いような、つねられてるような、

へんな感じ。

さらさらの鼻水が出てとまらない。

う~ん、どうやら花粉症になってしまったようです。

それも今日、突然そんな症状に。

ある人に言ったら、「今日は雨だし、違うんじゃねえか?

カゼだろ?」と言われました。

確かにくしゃみは出ないし、目がかゆいとか涙が出るとかはない。

鼻だけ。

ああ~、ホントに花粉症だろうか、

明日になったら治っててほしいぞーー。

 

ところで!

初めてロト6っての、買ってみましたよ。

毎週誰かが2億円ってすごくないですか?

買わなきゃ当たらないっていうけど、

ということは、

買ってしまったので当たってしまう、

ああ、俺も2億円。

木曜日には億万長者。

やったーーー!!

 

空気清浄機買おうかな。当たったら。

当たらなくても今すぐ欲しいーー、むぅー。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろいろ一週間

スローライファー、クニです。

マグネシウム炭酸の入浴剤を入れた風呂で

ゆっくり浸かるのが気持ちええですわ。

ツムラのきき湯っていう入浴剤で、

060220_004301  

 

 

 

 

カボスの香りがすごーーく良い。これ良い!

 

ところで、「ひらせい」ってみなさん、わかりますか?

ピンと来た人は、ずばり新潟県人でしょう!

ホームセンターなんですけど、基本的?に、

TSUTAYAと一緒になって建ってることが多い。

で、その「ひらせい」、調べたら新潟にしかない。

前に実家に帰ったときチラッと見ただけのキャビネがあって、

欲しいと思ったけど、どこでも売ってるだろうと思ってたんだけど、

いざ探してみると全然ない。

ひらせいにしかないのかと思って調べたら、

あら、なんと、新潟にしかないのねと、そういうことでした。

 

トリノオリンピックは、なんかいろいろあって、

みなさんそれぞれ悲喜交交ですが、

俺はまあ、楽しく見てます。

やっぱりタイムトライアルだと単純に勝敗がわかりやすくていいね。

スノーボードクロスが面白かった。

予選は一人ずつタイムトライアルで、

決勝は4人ずつのバトルってのが、

F1とか、カーレースのスタイルみたいで面白い。

 

トリノはまだこれから後半戦ってところですが、

そろそろマスコミでも本格的に取り上げてきてるのが、

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)、

王JAPANだ。

 

王JAPAN、、

bmcv-5006  

 

 

 

OH JAPAN!

テーマソングはぜひこれで!

 

WBC開幕は、俺の誕生日と一緒だす。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

TORINO!

始まったかと思ったら、

いきなり女子モーグルですか!

いやあ、見てしまいました。予選。

 

前回のソルトレイクの記憶が薄いので、

長野以来、久しぶりに見た気がします。

 

里谷選手、上村選手、素晴らしいですね!

ターンの里谷、エアの上村って感じですが、

どちらもやはり素晴らしい!!

決勝に期待!

3時かあ、、、このまま起きていようか、、悩む~。

 

 

 

ところで、みなさんは何チャンネルで見てるのかなあ、

俺はNHK ハイビジョン放送で見てるぜーー、

いやったーーー!!いやっほーーー!!!!

ハイビジョン画質で見るオリンピック最高!

大家さん、オリンピックに間に合わせてくれて、

サーンキュ、サンキュです、満喫してます!!はっはっは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

来ました!

来てしまいました!

トリノオリンピック!!開幕!!

いや!

それもあるけど、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!なのはコレ!!!

img002  

 

 

 

 

俺ぁてっきり、会報と一緒に来るもんだと

思っていて、今年は遅いので、

夏から冬にかけての遅めに開始のツアーかと思ってましたが、

不意打ちで来ました。

B’zライブ優先予約の申し込み!

中の説明にも、「突然のDMで驚かれた方も多いと思いますが…」

と書いてある。

いきなり来ましたね、ライブ告知&優先予約。

しかも何ですか?ファンイベント??

なんだこれ?

面白そうですが、同じ日に別の場所では、

ライブが繰り広げられてると考えると、

楽しめるのか疑問ですねぇ、俺は。

 

うーん、しかし素直に第一印象は、

「公演数少な!」でした。

ホール公演、もっと増やして欲しいとは思うけど、

ドーム5万人、ホール1000人、

同じ観客集めようとすると、ドーム公演1回=ホール公演50回!

そりゃ、無理ですね。

 

ホール申し込んだけど、ダメかなあ、

多分ドームだな、今年は。

 

さあ、ライブ決まったし!

あとは!

アルバムですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

GO FOR IT !!

久しぶりの更新になりました。

今、相模原発、世界的規模のプロジェクトが動いていて、

日産で一番忙しいのは俺かカルロス・ゴーンかってぐらい

忙しい(少々誇大表現あり)ので、平日はもう、更新する気力がなかなか…。

 

やっと買いました!

「衝動」

 

…、(深呼吸) せぇ~の、

すげええ、イイ~~!!

カァッコイイィィ~~~!!!

 

最近はBOOWYのGIGSばっかり聴いてたんですけど、

これはこれでカッコイイのですが、

ああ、やっぱり今のB’zさん、最高、最強です。

やっぱり”ぶっとい音”最高すぎますわあ。

 

CMとか、コナンの主題歌とか、B’zのHPの視聴で、

さんざん聴いてたのと、まあ忙しかったのとで、

ずっと買わずじまいだったんですが、

ちゃんと聴くとすげえいいっす。

2ndの「結晶」もいい!!

B’z聴かない人、

PleasureII買って、ちょっとでもB’zが好きになった人、

ぜひ、このシングル「衝動」買ってください。

いいですよ~!!

 

ところでこの「衝動」って言葉、

俺は「衝動買い」とか「一時の衝動に駆られる」とかいった、

よく考えずに発作的に行動するっていう意味で、

あまりきれいな言葉じゃないという印象があるんですが、

もちろん、辞書を引くとそういう意味もありますが、

よい意味でのほうがすごくステキなんです。

 

いっそ、辞書の「衝動」はこう訂正したらどうでしょう。

 

しょうどう 【衝動】<

(名)スル

〔impulse〕

(1)強く心をつき動かすこと。また、そのように働きかける力。ショック。
「あなたの声が 明日への―」
「あなたのすべてが 僕の―」
「どんなときも 愛情こそが―であるべきです。」

 

うん、素晴らしい!

GO FOR IT !!

shodo_ina  

 

shodo_tak

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »