« B'zの~、B'zの~、B'zの・・・ | トップページ | 昨日の話 »

2007年10月11日 (木)

ドキュメント 10.10

10月10日のブログがいかにして作られたか。

それは、
ルシール、サンダーバードの弦張りを
完成させたことと、
BECKのミニチュアギターを
大人買いしたことから始まる。

ルシールとサンダーバード、
結構キレイに仕上がった。
Dscf0336  
 
 
 
 
 
使用する道具はご覧の通り。
Dscf0415  
 
 
 
 
 
ピンセット、ゼリー状瞬間接着剤、厚紙(何でもいい)とつまようじ、
ピンバイス、目打ち、太さ違いの釣り糸3種類。
 
弦の太さの違いを表現しようとするあたり、
すげえだろう?
ちゃーんと考えてやってんですから。
 
瞬間接着剤は、ダイ○ーのは使えなかった。役不足だ。
やはり『アロンアルファ』が最高、最強。
厚紙に少し出してつまようじの先で取り、
接着させる部分に付ける。
ほんとに付いたか付かないか程度付けるだけで、
恐ろしいほどくっつく。
ペンチで引っこ抜こうとしても、糸のほうが切れてしまうほどだ。
ただし、「瞬間」というほど瞬時にはくっつかない。
付けて、5分ほど放っておくと、がっちり付いてる感じ。
あと、付けすぎないほうがいい。
瞬間接着剤は、塗装を溶かしてしまうし、
付けすぎると白くなって見栄えも悪くなる。
時間はかかるが、本当に付けたか付けてないかぐらいで、
何分も固定させて待ったほうが強力にくっつく。

ピンバイスは0.5mm以下のドリルは、
非常に折れやすいので扱いに注意。

目打ちは穴を開けたい場所の下準備。
軽く刺して位置を決める。
少し窪むので、ピンバイスもズレずに当てやすい。
 
そして、
様々な力を関係各所に発揮し、
ギターのコンプリートに成功。
その中にはギターケースも入っていた。
(実はギターケースはもう2種類存在する)
 
全て並べると実に壮観だ。
Dscf0385  
 
 
 
 
 
ギターケースにはストラップも付いていて、
Dscf0392  
 
 
 
 
 
こうやってギターに付けることができ、
Dscf0394  
 
 
 
 
 
天津飯にかけてみたら何かハマった。
Dscf0395  
 
 
 
 
 
ちなみにこの天津飯はだいぶ前にコンビニで買ったもの。
今はもう手に入らないと思う。
実はこの天津飯、足の裏に強力な磁石がついていて、
Dscf0388  
 
 
 
 
 
こーんなことまで出来てしまう。
Dscf0389  
 
 
 
 
 
倒れないので、
こーーんな超絶テクも可能だったのだ。
12  
 ←このアングル、結構お気に入り
 
 
 
 
ちなみに天津飯が足場にしていたのは、
見覚えのある人もいるだろうが、
お茶の缶のフタだ。
  
 
途中に挿入しているマンガは、
BECKの第3巻のもの。
初めてルシールが登場した巻だ。
Dscf0416  
 
 
 
 
 
BECKというマンガは、このルシールが
物語に非常に深く関わっている。
ゴリラーマンからのキャラや、
あっと驚くサブキャラが観客などに登場するので、
そのへんも面白い。
興味があったら読んでみることをお勧めする。
 
 
最後に、
なーーんか似合わないので、
没にしたキャラを紹介しよう。

 

 

 

・・・

 

 

これだ!
Dscf0400  

 
 
 
 
どうっすか?
この男にギターは似合わないような。
 

|

« B'zの~、B'zの~、B'zの・・・ | トップページ | 昨日の話 »

コメント

やるなー!

ついに、ストリームベースの域に達したな!

投稿: とも | 2007年10月13日 (土) 02時21分

どうも。
ストリームベースの小田です。


うそです。

いやあ、ストリームベースを名乗るには、
フルスクラッチができないと!

投稿: くに | 2007年10月13日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137673/16730145

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメント 10.10:

« B'zの~、B'zの~、B'zの・・・ | トップページ | 昨日の話 »