« 渋谷の夜は素敵でした | トップページ | 行ってきます »

2008年5月23日 (金)

5月21日

とんかつ!
 
何に勝つってことでもないけど、
ライブ前にガッツリしたものを
食べておきたいと思って思いついたのが、
とんかつ。
 
とんかつを食べようと思った場合の
選択肢としては、とんかつ定食、かつ丼に
なるだろう。
 
かつ丼は、ただでさえうまいとんかつを、
玉子でとじちゃうんだからなあ、
うまいよなあ。
 
でも、とんかつ定食。
 
ロースかつ定食。
 
とんかつをじっくりしっかりガッツリ味わうには、
やはりこっちだった。うまい!
ソースでうまし、からしもつけてまたうまし、
ごまだれをつけてみてもまたうまし、
一切れずつしっかり味わう。
付け合せのキャベツの千切りもうまし、
豚汁がまたうまし、大満足!
 
 
 
さあ、渋谷。
 
 
小田急線で下北で降り、井之頭線に乗り換えると、
すぐ渋谷。
 
うわーー、渋谷だー。
P52113922

すげー、
人がすげー、
これが渋谷かー、すげーすげー。
 
正直、渋谷にちゃんと降りたのは、
2回目。
渋谷は、特にセンター街のイメージから、
種類が違うけど秋葉原のような匂いを感じて、
俺が来るような場所じゃない、
わざわざ渋谷じゃなきゃだめだっていうのが
あるわけじゃない気がして、
来た事がほとんどない。
 
隣の原宿なら何度か行ってるけど、
渋谷は本当に久しぶり。
 
とりあえずハチ公に挨拶。
P52113932_2

 
歩いて10分ほどで、
なんか、レモンが乗っかってる会場に到着。
P52113972

 
あー、なんか緊張。
ジュンスカのライブは初めてで、
どんな客層なのか不安だった。
 
年代的にはやはり30~40代と高め、
そして、ヤンチャな男子が多いんだろうか、
そう思ってた。
 
会場に着くと、
うん、まあ確かに年齢層は予想通りかな、
某-JAPANや、某娘や、某沢永吉みたく、
意識してコスプレするようななりきりファンは、
…少ーしいるぐらい。
意外と女子率が高い。
しかも、20年前は小学校にも上がってない、
もしくは生まれてもいないんじゃないかっていう、
女の子が多かった。
俺の席の周りは特にそうだったのかもしれないけど、
目の前、横はお若い女子ばっかり。
 
 
さて、20年前と書いたけど、
20年前の5月21日、
JUN SKY WALKER(S)っていうバンドが、
メジャーデビューした。
 
ちょうど、B'zデビューの
4ヶ月前ですね。
 
そういう記念の日だったんです。
 
 
ちなみにこれが、
デビューアルバムの『全部このままで』
P52314342

あー、みんな若い。
若いけど、20年経った今でも
ほとんど変わってないと思う。
 
んー、まあでもいい意味で
みんな、かっこいいおっさん顔になったかなあ、
 
で、裏面見ると、
P52314402

P52314432

1988-5 とか、
R・5・21 っていう数字が見える。
 
確かに20年前の1988年5月21日、
彼らはこのたった6曲だけど、
最高にかっこいい6曲のアルバムで
デビューしたんですなあ。
 
そして1997年の解散から10年後、
ドラムの小林雅之の声かけにより、
ジュンスカ復活。
 
 
↓当時の記事。
1997年に解散したロックバンド、
JUN SKY WALKER(S)が再結成ライブを行うことが明らかになった。
メジャーデビュー時のメンバー4人が揃ってのライブは、
寺岡呼人(B)が1993年に脱退して以来約14年ぶりとなる。

今回の再結成はメンバーそれぞれの日記で明かされたもの。
寺岡呼人の日記によると、
小林雅之(Dr)の呼びかけによりメンバー4人が揃って食事をし、
「近々単発でジュンスカでライブやろう」
「今日帰ったら、それぞれ日記に書こう」
という話になったとのことだ。

各メンバーは約束通りそれぞれの日記を更新し
「四人で焼肉くいながら話した。とにかくやる」(小林)、
「ジュンスカです!」(宮田)、
「ジュンスカ ヤリマス オヤスミ」(森)
と思い思いの表現で、ジュンスカ再結成を宣言している。

ライブの会場や日程は近日発表。
「リハーサルなどのスケジュールも4人で決めて、
4人で割り勘でスタジオ代も出す」という
アマチュア時代同様のスタイルで進行していくようだ。

なおメンバー4人の現在の活動状況だが、
宮田和弥(Vo)はジェット機で活躍中。
森純太(G)はBARBIE ATTACK DOLL(S) の1stアルバムを4月に発表。
寺岡呼人(B)はソロアーティストとしてのリリースやツアーのほか、
ゆずなどのプロデュースを担当。
小林雅之(Dr)はPOTSHOT解散後フリーとなっている。

ホコ天全盛期の立役者としてバンドブームを牽引した彼らの復活。
「単発で」とのことだが、継続的な活動を望むファンも少なくないだろう。

 
 
 
 
↓そのときの4人のブログ。(抜粋)
 
ベースの寺岡呼人。
○月×日 再会
今日はなんとジュンスカの4人でご飯を食べた。
一体何年振りだろう?
本当に4人だけというのは、もしかしたら僕が辞める時以来かも。

普段はまったく連絡取り合ってないけど、“唯一”の次男、小林君の呼びかけで食事とあいなった。
そこで、近々単発でジュンスカでライブやろうという話に。
しかも「今日帰ったら、それぞれ日記に書こう」と(笑)。

なので、近々場所、日時等発表するので、お楽しみに!
リハーサルなどのスケジュールも4人で決めて、4人で割り勘でスタジオ代も出すことに。
本当に昔の頃のやり方。
もっといえば、僕がまだ加入する前のアマチュア時代の頃に戻ってやるわけだ。
そういう原点からのライブ。真剣にやるぞ。

やはり、今年はベースをやる年だったな(笑)。 
 

 
ギター、森純太。
2007.2.17[土]: OK☆☆
ジュンスカ ヤリマス オヤスミ

 

  
ボーカル、宮田和弥。
2007.02.17(Sat)
ジュンスカです!
 
 

 
ドラム、小林雅之。
2007-02-18 02:49
ジュンスカやる 

2007-02-18 02:41
四人で焼肉くいながら 話した 。 とにかく やる

2007-02-18 02:40
ジュンスカやるよ

  
かくしてジュンスカは復活し、
ここまで30本以上のライブを
各地で続けてきて、ツアー最後となるのが、
ここ渋谷。
 
ってわけです。
 
 
 
↓かっこよくてつい撮った写真。
P52114092

  
ツアーグッズのTシャツとタオルを買う。
 
開場までしばらく待つ。
 
 
開場は18:00だったんだけど、
ステージ準備が時間かかってて?
18:00過ぎてもなかなか開場せず。
スタッフの、
「まもなく開場します」の声が
むなしく続く。
まるで、格闘技番組の、
「このあとすぐ!」といいながら
全然やらないのと似てる。
 
結局、45分ほど過ぎて、ついに開場!
P52114062

P52114082

P52114032_2

 
開場してしばらくすると、
辺りは夕闇に包まれ始めました。
P52114142

P52114152

隣はNHK。
 
てことは、原宿駅から歩いたほうが
近いのかな?遠い?
 
 
 
さあ、入場。
 
 
入場時の超!超!超!サプライズ!!
P52214322

なんと!4人のサイン!
 
しかも!!
直筆!!
じ・き・ひ・つ!!
 
すげー!嬉しい!!これは嬉しい!!
 
 
会場内に、アメトーークからの
花があった。
そういえば、この番組で
ジュンスカ復活を知ったんだ。
 
 
開演は19:00予定で、
開場はおしたけど、19:00を10分ほど
回ったぐらいかな、
開演!!
 
席は1階の13列。
近いーーー!!!!
うわーーーーーーーー
近いーーーーーーーー
 
 
ステージには、幕が張られ、
そこになんと、
ジュンスカの4人の小さい頃の写真、
高校時代の写真、
ケバイメイクをしてる頃の
アマチュア時代?の写真、
なんかがスライドショーで映し出される。
 
1枚1枚、歓声が沸く。
 
それが終わると、
幕の向こうがライトで照らされ、
森純太、寺岡呼人の姿が
シルエットで浮かび上がる。
歓声が一段と沸く。
 
そして、宮田和弥のシルエットが
浮かび上がる。
ピースをしてる。
歓声がさらに一段と沸く。
 
幕が上がり、
開演!!
 
最初の曲は「歩いていこう」だった。
 
最初からもうノリノリだった。
ジュンスカだ!
目の前にジュンスカが!!
 
和弥はよく「渋谷ーーー!!」と叫んでた。
 

曲順とか、細かいMCとか、覚えてない。

メモとか取らず、純粋に楽しんだ。

 
曲間のMCでは、
「こんばんはーー!!
 僕達、ジュンスカイウォーカーズ
 でーーーっす!!」
と叫び、ああ、和弥らしい、ジュンスカらしい
表現だなって思った。
 
 
たしか前半は、知ってる曲が続いた。
 
B'zとはノリ方が違うなとも思った。
B'zはどちらかというと、
終始腕を振り上げることが多いが、
ジュンスカは、ここ!ってポイントしか
腕を振り上げることはしないみたいだ。
そのかわり、終始タテノリ、ジャンプする。
B'zはライブが終わると腕、肩にくるが、
ジュンスカは足にくる。
 
いや、それにしてもジュンスカ、
激しい曲ばかり。
汗かく量はB'z以上かも?
 
バラードも名曲。
本当に聞き入ってしまう。
 

あの名曲!ゴミ箱もやってくれた!すげえ!
 

 
和弥のMCもおもしろい。
 
 
入場時もらえたサインは、
本当にメンバーが2000枚、
全部直筆で書いたこと、
和弥は家に持ってって書いてたんだけど、
腕が痛くなって辛いって、
息子にグチをこぼしたら、
息子に「パパ、人気者みたいでいいじゃん」
と言われ、「いや、パパ結構人気あるんだよ」
って言い返したとか、
本当に大変だったから、1枚1円でいいから報酬が欲しいだとか、
でも、今回8500円も取られてるんだから、
(他の会場だと3000円~4000円ぐらい)
これぐらいのことはしてあげないと!とか、
和弥のギターがチューニングが合ってなく、
スタッフが慌てて準備するハプニングの間、
MCで間をつないだりとか、
渋谷公会堂って名前だったのに、
今は渋谷C.C.Lemonホールって名前だけど、
俺がC.C.Lemonより金を出せば、
渋谷MIYATAホールにできるだとか、
今は消防法で最前列を空けていて、
しかも特効があるから、昔ならこの辺まで出て
(といいながらステージ前方から乗り出すように)
これぐらいお客さんと近い場所で歌えたけども、
今日はこのぐらいの距離で(といいながら下がり)
お届けします。と笑いを取ったり、
オープニングのスライドショーは、
ベースの寺岡呼人が考えた、
みんなから写真を集めて、その筋のプロの方に
お願いしてスライドショーを作った、
俺だったらそういうことはめんどくせえから、やらない、
とか、このツアーはバスで全国、自分らで移動してるけど、
約7000kmの移動距離、全部運転したのは、
ドラムの小林だ、とか、
その運転はすごく滑らかで、
ジュンスカやめても、運ちゃんで食っていける!とか、
その小林が声かけしなかったら、
今の俺たちはここにいないとか、
寺岡呼人は解散する前の時点で脱退してしまったんだけども、
今はゆずのプロデューサーをして、
ジュンスカではやれなかったことを、
やっているんだけど、それも、俺が苦労をかけたから、
その苦労をバネにしてできたことだ、とか、
でも、ジュンスカ復活!ってなったときに、
やっぱりベースは呼人じゃないとダメなんだとか、
ギターの森純太、彼がいなかったら、
俺のボーカルのスタイルはできなかった、
彼の(レスポールの)うるさいギターに
負けない声を出すっていうのは、
みんなが思ってるより大変なことなんだよ、とか、
 
まだまだいっぱい、いろんなことを、
時にはおもしろく、時には感動させて話してくれた。
 

 
途中、「すてきな夜空」では、
「渋谷の~~!夜に~~!!」
「ホコ天あたりの~、夜空に~!」
「渋公、スターバックス辺りの~、夜空に~!」
「渋谷の~!夜空に、送ります、
 すてきな夜空~!」
っていう曲紹介が、
妙に耳に残った。
 
スタバの夜空に。
P52114262

P52114272

 
 
アンコールが2回あるのも、
B'zと違うところだ。
 
1回はけて、
アンコール曲を2曲かな?
やった後、またステージを降りる。
 
みたび登場して、最後は全部このままで。
前半はバラード調で、
観客全員で大合唱。
 
本当に盛り上がった。
本当に楽しかった。
本当に最高!
 
  
 
 
そしてサプライズMCも。
 
今回、MY GENERATIONツアーは、
ここで終わりになるけど、
秋には全国のZEPPを回るツアーをやる!
ZEPPのないところは、それに近い会場を
使って、また、それまでの間、
夏のフェスなんかにも、
まだ詳しく言えないけど出る、とか、
2008年はもう、ライブ漬けの1年に
なりそうなジュンスカ。
 
単発的な復活ということだったけど、
ツアーを開始して、
さらには追加ツアー、
俺個人的な思いだけど、
どうやら完全復活!?じゃないかなと思う。
 
 
そうなったら、忙しいなー、
ジュンスカとB'zで。
 
もう、ジュンスカに完全にはまり直してます。
 
 
ああ、本当に楽しかった。
渋谷の夜は、最高に素敵な夜でした!
 
4人組っていうのが、またいいんだろうなあ。
ボーカル、ギター、ベース、ドラムの
バンドとしてはシンプルな形。
そして、4人が「ジュンスカ」ということ。
 
アンコールが終わって、
最後に観客に挨拶するとき、
4人で横に並んで肩を組み、
最高の笑顔で挨拶をしていました。
 
何回も何回も。
 
その姿に感動。
  
 
このライブや、
ツアーの様子、
ステージングなど、
スタッフブログ  で公開されてます、
必見!!
 
 
ジュンスカ、サイコー!!
 
 
 
終演後、会場を出ると、
冊子が配られてました。
 
表紙の絵が、ドラム、小林画伯によるイラスト。
ツアーを回ったバスも描かれている。
P52214312

 
終演後の会場。
P52114192

 
 
そういえば、
ライブ後、耳がジ~ン、というか、
ボワ~~っていうか、そんな感じが残った。
 
この感じ、久しぶり。
 
 
いっぱいパワーもらったけど、
喉も足も痛ぇや。
 
帰りは生ビール、シーハイ(シークワサーの酎ハイ)
でパワー補給。
 

 
ジュンスカ!

渋谷!

サイコーでした!!

 

 

|

« 渋谷の夜は素敵でした | トップページ | 行ってきます »

コメント

ふぅ…
読むほうも、疲れた…

あまりの力筆で、読んでる途中、完全に、実際に会場にいたような錯覚に陥ってしまったよ…

伝わった感動が伝わった。

投稿: とも | 2008年5月24日 (土) 01時08分

俺も書いてて長いなーと思った。

でも書き忘れたことが結構ある。

和弥のジャンプ力は稲葉以上かも、とか、
和弥が何回か客席に降りてきたとか、
そのうち1回は、
「さわがないって約束してくれたら降りてやる」
って言って、1階席を走り回った、とか、
自分のタオルと客のタオルを交換してた、とか、
STARTの曲の時は、バックスクリーンに、
STARTのアルバムジャケットの写真が
映し出されたとか、とか、とか、

まあ、とにかく盛り上がったライブだったよ。

ジュンスカもいいよ~!

投稿: クニ | 2008年5月24日 (土) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137673/41296994

この記事へのトラックバック一覧です: 5月21日:

» from the world's kitchen [スターバックスの秘密]
... マウントレーニアとか、スターバックスとか比べ物にならないくらいおいしいで... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 10時10分

« 渋谷の夜は素敵でした | トップページ | 行ってきます »