2009年2月22日 (日)

のってカンガルー

くるま屋さんでもらっちった。あんまいらねーんだけど。
 
のってカンガルー。

P2222355

 
 
子カンガルーは、ストラップ付き。
おなかを押すとしゃべります。

P2222357

「も~1回、も~1回」とかって、
タラちゃんの声で。
 
 
 
 
 
 
 
親カンガルーの帽子を目深にしたら、
目つき悪くなった~~。

P2222356

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

さあ盛り上がってまいりました

ゴリラーマンで有名な
(もう古いか?)
ハロルド作石の最新作、
『BECK』の32巻が出た。

P2180036

いっやあ、ずっと読み続けてきたけど、
ついに!
ついに!!
 
アイドルの曲しか聴かなくて、
ギターも弾いたことない少年、
主人公の「コユキ」が、
(天性の奇跡の歌声の持ち主ではあったが)
最高のメンバーと共に、
とうとう、イギリスのアヴァロン・フェスで
10万人以上のオーディエンスを
大歓声に変えるまでになってしまった。
 
コユキを取り巻く周りの人も含め、
32巻は全てが好転に向かっていて
すっげえ面白い。
 
 
いっやあ、音楽はいいッス!!
ロック最高!!
ライブ最高!!
 
 
ああ!早く!ライブ!!
 
も~い~くつ寝ると~
B'zのライブジム~♪
 
 
あーー!待ちきれん!!
(あと4日!!)

  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

焦点距離で遊ぶ

今の俺の武器は、E-510と、
レンズはWズームレンズキットに付いてきた、
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6と
ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6、
そして後から買ったマクロレンズの
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macroの、
計3本。

Dscf0716

それぞれのレンズを使って、
同じ被写体を撮ってみた。
 
被写体はカメラから1m弱の距離。
望遠レンズのAFがギリギリ動いたり
動かなかったりしてたので大体、
それぐらいの距離だ。
 
モードは全て絞り優先(A)モード。
絞り値は最小値(開放)で撮った。
 
絞りを一番開放(一番数値の低いほう)に
してやると、被写界深度(ピントの合う部分)が
狭くなって、合わない部分(ボケ)が多くなる。
レンズによって、そのボケ具合も変わる。
そんなとこも見て下さい。
  
 
ではまず、14-42mmレンズの14mmから。 

P21117282

14mmとは、コンパクトデジカメなら、
(機種によるけど)28mmの距離で、
大概の機種の一番広角の距離と一緒。
 
まあ、一番広角(引いた写真)が撮れる。
 
 
 
次に、このレンズをグイッとズームさせ、
(一眼レフは、コンパクトデジカメと
違ってズームボタンがないので、
手動でレンズを回してズームさせる)
このレンズの最大ズーム、42mmで撮ってみる。

P21117292

まあ、大体コンパクトデジカメで言う、
光学3倍ズームと同じぐらいのズーム。
 
14-42mmはこんな感じ。
 
 
次に、激使用中の
50mmマクロレンズ。
 
焦点距離が50mmのみの
単焦点レンズと呼ばれるレンズだ。
 
50mmなので、14-42mmの42mmよりは
もうちょっと寄れる距離になる。
性質としてはやや望遠のマクロレンズだ。

P21117302

P21117312

50mmになると、もうコーヒーミルと
花が同じ画面に入らなくなったので、
2枚撮ってみた。
 
マクロレンズでF値も2.0なので、
14-42mmと比べるとボケる部分が
大きいのがわかると思う。 
 
  
次は望遠の40-150mmレンズ。
 
の、最初は40mm側。

P21117332

まあ、当然だけど50mmマクロよりは
ちょっと引いた画になる。
 
 
そして、またグイッとズームさせて、
最大の150mmにしてみる。
 
コンパクトデジカメで言えば、
光学10倍ズームぐらいになる。

P21117342

P21117362

P21117372

当然ながら寄り過ぎるので、
構図を変えて3枚撮ってみた。
 
 
 
さて、 
一眼デジカメで恐ろしいのは、
もっと広角で撮れるレンズもあれば、
もっと望遠で撮れるレンズもある。
1本で広角も望遠も行けるレンズもある。
単焦点も数限りなくある。
超音波モーター内臓でバカッ速に
AFが動くレンズもある。
 
そんなレンズが安くて2万ちょっとから、
高いと平気で10万超え。
20万を超えるレンズもある。
 
とても趣味で金出せる範囲じゃない。
 
まあ、(今のところ)バカ重いレンズや
バカでかいレンズなんかには興味ないし、
そもそもE-510の良さは軽さにあるので、
これ以上レンズ増やしたら重くなって
持ち歩くのが嫌になるので、
これで十分だ。 
 
Wズームキットのレンズだって、
単品で買おうとしたら2本で4~5万する。
これが本体+1万ちょっとで、
キットとして付属するんだから安いよなあ。 
 
でもさあ、一眼初心者として
勝手なことを言ってみるけど、
ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm、
いや、いっそのこと、
ZUIKO DIGITAL ED 12-300mm F1.4-3.5 SWD
なんていうレンズ作れないんだろうか。
 
作れやー。
オリンパスー!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

クニE-510物語 ~E-510購入に至る真実~

これは正月に帰省したとき、
いとこの家で餅つきをした時撮ったもの。
(腰痛持ちなので、手伝いではなく
 単純に見学に・・・)

Pc301031_2_2

もち米を蒸すために使う、
だるまストーブの煙突です。
 
 
  
 
 
これがだるまストーブ。

Pc301041_2

Pc301036_2

 
 
 
 
 
 
  
これは帰りの関越道。
太陽光で白とびしてますが、
強烈な日差しの感じが出てて
むしろいい感じ。

P1041190_2

 

関越のイナバ(178)地点。
P1041193_2

 
 
関越トンネル入り口。 
P1041196_2

 
トンネル内。 
P1041197_2

 
とまあ、激使用中のデジタル一眼レフカメラ、
オリンパスのE-510だが、
なぜ俺がこのE-510を買ったか、
買うに至ったか、
このへんを教えてみようかと思う。
 

  
これを買う前に持っていたのは、
ちょいちょいブログ内でも紹介したが、
フジフイルムのF31fd というコンデジだ。
 
実はこのカメラ、
全然そうとは知らずに買ったのだが、
後からすごい大絶賛カメラだと、
このサイト で知った。
 
なるほど確かに高感度が
おそろしく綺麗に撮れるとは思ってた。
何だかすんげえカメラで
評判もすごくいいので、
全く不満はなかった。
 
だけど、そういうカメラだからこそ、
一眼レフに行きたくなったのかもしれない。
と、今になって思う。 
 
 
さて、話は8月に戻る。
 
8月といえばそう、
俺が腰椎椎間板ヘルニアで
9月中旬まで入院した時期だ。
 
その入院中、
ある文庫本を読んだ。
 
宮城谷 昌光という人の書いた
『海辺の小さな町』という本。
この本の中で一眼レフカメラのことが
割と詳しく出てくる。
わからないとこもあったが、
F31fdを持ってたおかげで
理解できるとこもかなりあった。

でも実はこの本は、
別に決定的なキッカケにはなってない。
 
退院してから、ちょうど十五夜で、
月を撮ってみようと思った。
実は今まで使ってなかったんだけど、
露出補正やら、絞り値やら、
シャッタースピードやら変えられる
モードがあるのでそれを駆使して
月を撮ってみた。
 
このへんが本の影響である。
 
今まではAUTOでしか撮らなかったのが、
写したいものに対して、
マニュアルモードを使うようになった。
 
F31fdでもまあまあそれなりに撮れた。
Dscf1990

 
満足だ。
カメラの知識もちょっと上がった。
 
 
さて、そんなとき、
デジタル一眼レフが欲しくなる
決定的な出来事が起こる。
 
 
NHKの趣味悠々という番組で、
デジタル一眼レフ写真術というのが
始まった。
何とかいう写真家が講師で、
黒沢年雄と若い女の子が生徒という
感じで、今日はPモードで
撮ってみよう、今日はAモード、
などというふうに、
すっげえわかりやすくやっていた。
 
この頃の俺は自宅療養で、
朝8時頃、接骨院に行った後は
家で寝ている生活だった。
 
そんな中やっていたこの番組を
毎日楽しみに観てた。
 
すっかり一眼レフに魅せられ、
ネットや本でどんな機種があるのか
いろいろ勉強した。
 
そんな中、目を引いた記事が、
ご存知?スタパ斎藤のスタパトロニクスに
載ってた、この記事
 
この記事と、デジカメWatchと、
価格.comを飽きるほど見たら、
どうやらオリンパスのゴミ取り機能が
とんでもなくすんげえらしく、
俺の中でE-410とE-510の2択になった。
 
今でこそやっと理解したけど、
キヤノンは40DだのニコンはD40だの、
どっちがどっちだかわけわからん
機種名ばっかなので、キヤノンとニコンは無視してやった。
 
で、いろいろ考えて、
どうやら手ぶれ補正機能も結構
すんげえらしいので、
結論としてはE-510が欲しくなった。
 
カメラを買うより先に、
E-510ワンダーブックなどという本を買った。
P1151254

 
もう買う気満々である。
 
他にも購入ガイドなんか買って、
毎日眺めては、
「うん、やっぱりE-510がいいな」
と思いながら見てた。
 
これが買った本。 
P1151255

足、腰がよくなってきて、
少し遠くまで出かけられるようになり、
知識もある程度持ったところで
実際に電器屋行って実機をさわって、
一眼レフはファインダーを覗いて
撮るもんだと知り、
ファインダーを覗いたらニコンが
すっげえ見やすくてびびってしまい、
オリンパスにはないようなレンズも
ニコンならあったりして、
すっげえ悩んだが、
ずーっと決めてた通り、
E-510の購入となり、
現在に至る。
 
  
ちなみに、
『海辺の小さな町』は
もう一度読んでみたくなり、
買ってしまった。
P1151253

 
 
あと、
映画、『ただ、君を愛してる』
の影響は受けてません。
(見てないので) 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

実は…

そろそろ白状します…。
  
 
 
ジャジャジャーーン!!

11921830190026_2

  
 
 
E-510買っちゃった。
 
 
実は12月6日のブログから、
写真は全部コイツで撮ったやつです。
 
 
 
 
いや~~、
悩んだよ~。
雑誌やネットで飽きるほど調べて、
E-510にしようと決めて、
ヨドバシカメラ行ったんだけど、
ニコンのD40x触ったら、思わず言っちゃった。
「すげえな、ニコン」
 
キムタクの言葉は嘘じゃなかった。 
  
あと、E-410のあまりの軽さにビックリして、
E-410にしようか、(意外とE-510ってデカイです)
D40xにタムロンの18-250mmレンズ買おうか、
このE-510のWズームにするか、
散々いろんなレンズ付けてみて、
試し撮りして、
3時間悩みました。
 
 
結局、強力なゴミ取りシステムと、
強力なボディ内手ぶれ補正を持ってるのが
決め手になって、
最初に決めてたE-510にしました。
 
 
 
すっげえ!一眼レフ!
面白え!オリンパス!
  
 
 
 
ところでE-510の写真はF31fdで撮ったんだけど、
ISO-1600ですよ。
コイツはコイツでやっぱりすげえ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

快挙!クニがやった!!

クニが歴史に名を刻んだ!!

ゴルフトーナメント、
NPGAツアー第8戦、
ギャラガオープンにて、
クニがとんでもないことを成し遂げた!!
 
 
 
<写真>
1_j0000  
 
 
 
 
 
 
J0000  
 
 
 
 
 
 
J0001  
 
 
 
 
 
 
J0002  
 
 
 
 
 
 

やったーーー!!!!
 
すっげえーーー!俺!!
俺すげえ!!
 
初めて出した。
ファミコンの「ナムコクラシック」で
ホールインワン!!
 
イェ~~イ!
 
 
あと、初めて知った。
トーナメントで遊んでると、
途中何戦目かからキャディが変わる。
(最初の画像参照。
 通常のキャディと違うのがわかると思う。)
 
 
 
さーて、日本シリーズ、日本シリーズ、
日ハム応援するぞー。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

ドキュメント 10.10

10月10日のブログがいかにして作られたか。

それは、
ルシール、サンダーバードの弦張りを
完成させたことと、
BECKのミニチュアギターを
大人買いしたことから始まる。

ルシールとサンダーバード、
結構キレイに仕上がった。
Dscf0336  
 
 
 
 
 
使用する道具はご覧の通り。
Dscf0415  
 
 
 
 
 
ピンセット、ゼリー状瞬間接着剤、厚紙(何でもいい)とつまようじ、
ピンバイス、目打ち、太さ違いの釣り糸3種類。
 
弦の太さの違いを表現しようとするあたり、
すげえだろう?
ちゃーんと考えてやってんですから。
 
瞬間接着剤は、ダイ○ーのは使えなかった。役不足だ。
やはり『アロンアルファ』が最高、最強。
厚紙に少し出してつまようじの先で取り、
接着させる部分に付ける。
ほんとに付いたか付かないか程度付けるだけで、
恐ろしいほどくっつく。
ペンチで引っこ抜こうとしても、糸のほうが切れてしまうほどだ。
ただし、「瞬間」というほど瞬時にはくっつかない。
付けて、5分ほど放っておくと、がっちり付いてる感じ。
あと、付けすぎないほうがいい。
瞬間接着剤は、塗装を溶かしてしまうし、
付けすぎると白くなって見栄えも悪くなる。
時間はかかるが、本当に付けたか付けてないかぐらいで、
何分も固定させて待ったほうが強力にくっつく。

ピンバイスは0.5mm以下のドリルは、
非常に折れやすいので扱いに注意。

目打ちは穴を開けたい場所の下準備。
軽く刺して位置を決める。
少し窪むので、ピンバイスもズレずに当てやすい。
 
そして、
様々な力を関係各所に発揮し、
ギターのコンプリートに成功。
その中にはギターケースも入っていた。
(実はギターケースはもう2種類存在する)
 
全て並べると実に壮観だ。
Dscf0385  
 
 
 
 
 
ギターケースにはストラップも付いていて、
Dscf0392  
 
 
 
 
 
こうやってギターに付けることができ、
Dscf0394  
 
 
 
 
 
天津飯にかけてみたら何かハマった。
Dscf0395  
 
 
 
 
 
ちなみにこの天津飯はだいぶ前にコンビニで買ったもの。
今はもう手に入らないと思う。
実はこの天津飯、足の裏に強力な磁石がついていて、
Dscf0388  
 
 
 
 
 
こーんなことまで出来てしまう。
Dscf0389  
 
 
 
 
 
倒れないので、
こーーんな超絶テクも可能だったのだ。
12  
 ←このアングル、結構お気に入り
 
 
 
 
ちなみに天津飯が足場にしていたのは、
見覚えのある人もいるだろうが、
お茶の缶のフタだ。
  
 
途中に挿入しているマンガは、
BECKの第3巻のもの。
初めてルシールが登場した巻だ。
Dscf0416  
 
 
 
 
 
BECKというマンガは、このルシールが
物語に非常に深く関わっている。
ゴリラーマンからのキャラや、
あっと驚くサブキャラが観客などに登場するので、
そのへんも面白い。
興味があったら読んでみることをお勧めする。
 
 
最後に、
なーーんか似合わないので、
没にしたキャラを紹介しよう。

 

 

 

・・・

 

 

これだ!
Dscf0400  

 
 
 
 
どうっすか?
この男にギターは似合わないような。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

サニー・ボーイの伝説を受け継ぐ三つ目の男

BECKに愛を込めて。

ぜひ、画像をクリックしてお楽しみ下さい。

 

Check it out!! 

 

 

その男は黒いギターケースを持って現れた。
1  
 
 
 
 
 

ザッ
2  
 
 
 
 
 

ザンッ
3  
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

バァァーーーーーーーンン!!
4  
 
 
 
 
 

黒いギターケース、
い、一体、中身は・・・
5  
 
 
 
 
 

ドドドドドドド
6  
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

ドォォーーーーーーーーンンン!!!
ルシール!!!!!
7  
 
 
 
 
 

天津飯:「サニーボーイの伝説は、俺が受け継ぐ。」
8  
 
 
 
 
 

  9  
 
 ギュイーーーーーーーーーン

 
 
 

9_2

 

 

  10  
 
 ギュワァァァーーーーーーーーン

 
 
 

10_2 

 

 

 

10_3  

 

 

 

10_4  

 

 

10_5  

 

 

 

 

 

  11  
 
 ギャギャギャギャギャギャ

 
 
 

  12  
 
 ギュワワワァァァァーーーーーンン!!!

 
 
 

スッ
13  
 
 
 
 
 

スーーーッ
14  
 
 
 
 
 

ガッシャァァァーーーーンン!!!
15  
 
 
 
 
 
・・・
16  
 
 
 
 
 
天津飯:「燃え尽きたぜ、真っ白にな・・・。」
17  
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

中途半端

いやあ寒いですねえ。
ちょっと前までTシャツ1枚でいたのに、
とてもそんな格好でいられません。
 
 
さて、BECKのミニチュアギター、
近くのサンクスに4個置いてあって、
俺がこの4個買い占めて以降、入荷しないッス。
なんだよー
サンクスー
バカー
 
 
結構精巧に作られててかっこいいんですが、
ちょい不満が。
弦が張られてない。

ので、釣り糸と瞬間接着剤を購入し、張ってみました。

100均って釣り糸、というか釣り具売ってないんですね。
(置いてるとこは置いてるのかな)
でも、ビーズ用の糸(これは釣り糸と同じっぽいけど、
何て呼ぶんだろう)があったのでそれを購入。
 
 
早速張ってみました。
 
ルシール。
Dscf0218  
 
 
 
 
 

 

 

サンダーバード(伝場兄モデル)。
Dscf0220  
 
 
 
 

 

 
サンダーバード(オリジナルカラー)。
Dscf0217  
 
 
 
 
 

 

 

リッケンバッカー。
Dscf0221  
 
 
 
 

 

 
よく見るとわかりますがどれも全部張ってません。
リッケンバッカーは1本も。
 

だって~~
ギターにちょっと穴あけ加工が必要で、
すげえ疲れるんだも~ん。

(リッケンバッカーはその加工が難しい)
 
 
子供の頃、ガンプラを改造した気力は
残ってないみたいです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

クニトロニクス第2弾はFUJIFILMのF31fd

今日も綺麗な満月だった。
正確には、9月27日が完全な満月だったみたいですね。
中秋の名月の2日後。

で、また撮ってみました。
F31fdだと、どうもこれが限界っぽい。
2 
 
 
 
 

 

3  

 

 

 

 

そうだ!
名機、Panasonicの『DMC-FZ1』の
12倍ズームなら!
と思って撮ってみたのがこれ。
4  
 
 
 

 
FZ1、名機にあらず。
いや、月が撮れないからダメってわけじゃないんだけど、
F31fdで出来る事が、FZ1では結構出来ない。
正確に言えば、絞り値とシャッタースピードが
自分で好きなように変えられない。
一応、一番シャッタースピードの早い、
スポーツモードっていうやつで撮ったけど、
ご覧のように全く写ってないし、
しかも手ぶれしてる。
 
と、いうことで、
今日はF31fdのデジカメレビューをする!
俺のデジカメを紹介しよう。
 
これ。
Ca380004 

携帯W52CAで撮影 
 
 
 

 
右がPanasonicの『DMC-FZ1』
今じゃ当たり前のように付いている
手ぶれ補正機能を多分、最初に備えたカメラ。
他にも光学12倍、デジタル3倍、最大36倍という
高倍率ズームが特徴のデジカメ。
物欲番長スタパ斉藤のオヤジも絶賛し、
俺も特にズームが面白くて、
かなり気に入って使っていたデジカメ。
 
左がFUJIFILMの『FinePix F31fd』
手ぶれ補正機能は付いていない。
が、それを補って余りある超高感度で、
FZ1より手ぶれしないほどの威力だ。
超高感度の凄まじさをまじまじと見せ付けられ、
現在気に入り過ぎ、激使用中のデジカメ。
 
 
FZ1のダイヤルは、このように、
シーンに合ったモードを選択する仕組み。
Fz1  
 携帯W52CAで撮影
 
 

 

 
比べてF31fdのほうは、
このようになっている。
F31fd  

 携帯W52CAで撮影

 

 

人のマークがぶるぶるしてるのが、
手ぶれ軽減モード。
 
その上のN/SPってのが、シーンポジション。
フラッシュ有り無しの写真を同時撮影できたり、
人物、風景、スポーツ、夜景、花火など、
15種類に対応した設定で撮れるモード。
夜景、花火モードは露出時間を変更できるが、
基本的にはシーンに合わせた設定のAUTOモードだ。
 
その上の赤いカメラマークがAUTOモード。
何でもカメラまかせだ。
通常はこのモードで何も考えず撮ればいい。
顔キレイナビもこのAUTOモードでのみ使用可能。
 
その上の、Mって書いてあるのと、
A/Sって書いてあるのは、
AUTOと反対で、自分で好きな設定にして撮れるモード。
A/Sが絞り、シャッタースピード優先モード。
月を撮ったのもこのモード。
これでシャッタースピードをいじって撮った。
 
Mのほうは、絞り値とシャッタースピード以外の
設定を変えられるモード。
ホワイトバランスだとかそういうの。
でもまだ使ったことがない。
ホワイトバランスは基本AUTOが優秀なので、
多分いじることはないであろう。 
とまあ、こうなっているのだが、
要はF31fdのいいところは、
通常はAUTOで全く問題なく、
手ぶれ補正機能が付いてないのに、
手ぶれしないすっごい綺麗な写真が撮れる。
これ、すっごい技術だと思う。
もちろん、俺の腕じゃなく、カメラの技術が。
で、月を撮るなんていう特殊な場合にも、
マニュアルモードで設定すればそこそこ撮れてしまう。
 
あとは単純に画素数の違い。
FZ1は200万画素、F31fdは600万画素。
どっちが綺麗かってそりゃあ言わずもがな。
 
あと、実は当たり前のようかもしれないが、
F31fdは撮った写真が液晶画面に表示される。
FZ1は撮った後表示されない。
つまり、FZ1だと撮った写真がどのように撮れたのか、
いちいち再生モードにして確認しないといけない。
F31fdなら、すぐ確認できる。
少しずつ設定を変えながらどんどん撮る、
あ、まだ暗いな、設定を上げるか、
あ、今度は明るすぎた、さっきの設定に戻そう、
こんな撮り方をサクサクできるのがF31fdのいいところ。 
 

さらにいいのは、
前述でホワイトバランスは変えないとか書いたが、
変えてみると面白い。
ホワイトバランスや露出補正を変える都度、
液晶画面の画像が変化するのだ。
この設定だと青みが強くなったり、
黄色っぽくなったり白っぽくなったり、
明るくなったり暗くなったり、
この設定だとこんな感じになりますよっていうのが
リアルタイムに表示される。
一眼デジでは基本?な機能だ。
 
こういう部分が、撮る時にすごく勉強になる。
  
それと当然だが、液晶画面は大きいほうが見やすい。
FZ1とF31fdではこんなに違う。 
Ca380001  
 
 

 
 

FZ1はもう何年も前の機種で、
いろいろと劣る部分があるのは当然で、
F31fdを買った理由も、
①FZ1の200万画素が物足りなくなった。
②FZ1は結構大きく、持ち歩かない。
③F31fdのCMのエビちゃんがかわいい。
 
まあ、③はどうでもいいとして、
今のところ、非常によくできてるカメラだなあと
感心して、いい買い物したなあって嬉しくなってる拙者であり、
この機能のまま10倍ズームとか1000万画素とか、
ジョリーグッドな機種が出ない限り買い換えないであろう。
 
とはいえ、ライブビュー搭載でコンパクトな一眼レフが
出てきたりしている辺り、いよいよそっちの世界に
踏み込もうかとか思っていたりするが、やはり何よりも
コンパクトが魅力のデジカメ、
しばらくはF31fdを激使用していこうと思う。
 
しかし何ですな、意外と携帯のカメラもきれいに写りますな。
 

ずいぶん長くなっちゃいました。
これでも抑えたんですよ、実は。
最後まで読んでくれた人、ありがとう。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧